私がハッピーメールで経験した残念な体験

多くの出会い系サイトの中で、サクラ中心で間違いなく出会えない詐欺的なサイトが多い中で、ハッピーメールが実際に出会える、数少ない優良サイトであることは間違いありません。

しかし、多くの出会いを求めている人がいるサイトな以上、どうしてもその人達を狙った業者や、他の意図のある個人が入ってきてしまいます。

私も、サクラの見分け方等の記事も書いていますし、それなりに経験を積んできているので、怪しいプロフィールや、メールのやり取りで、大半の業者には気付きます。

それでも、時々嫌な思いをすることもあります。

いい話ばかり書いて、バラ色の出会い系ライフを紹介するのも誠実ではないので、ちゃんと悪い話も書こうと思います。

1人目に紹介するのは、20代前半の清楚系学生だと思ってメールをやり取りしていた子です。
何通かハッピーメールのサイト内で、メールをやり取りした後、直接連絡先を交換し、カカオでやり取りを続けていました。
数日間結構な頻度でやり取りを続けていたこともあり、待ち合わせの約束をしたときも、まあすっぽかしは無いかな・・・と。

そして待ち合わせのとある都内駅そばのローソン前で待っていると、現れたのは、すらりとしたすごい美人なお姉さんが立っていました。
ただ、ちょっとひっかかるところがあって。

それは、少女時代にいるような韓国系美人のお顔だということ。
顔つきとか、メイクとかで、もしかして。。。。と思い話しかけると、
「大丈夫よー」
との返答。

あれ?

と思い、他の質問をすると、
「何でも大丈夫よー」
と彼女。

要はすごく美人なんですけど、ほとんど日本語話せないんです。
カカオとメールでやり取りしていた相手は、別人なことはこの時点で確定です。
なんのためにそんなことをしたのか。

ここで彼女は彼女が持っていたスマホの画面を私に見せてきます。
その日の条件というか、内容と金額が書いてありました。

確かに、なんでも大丈夫な感じで、しかも一般的な水準からすると格安です。
これ多分、ひっかかるというか、乗ってしまう男性結構いるんだろうな、と思いました。

何しろ、事前に聞いていた外見のイメージどおりというか、それ以上の美人。
そしてこちらは出会いを求めている男性。
騙されたーという思いはありつつも、待ち合わせにわざわざ時間も労力もかけて来ているわけで・・・

このケースでは”別人”が来た、という意味での残念なケースです。

私がどうしたかは、想像におまかせします(笑)

もう1人のケースは、待ち合わせ場所を転々とさせられたケースです。
結構その子ともメールでやり取りしていたので、ちゃんと会えそうだなーと思っていたんですが、いざ待ち合わせになって、決めた場所・時間に行くと、その後メールが来て、なんらかの理由をつけて場所を変更してきたんです。

その指示に従って移動し、次の場所で待つと、またメール。
待ち合わせ場所の近くに来たら、知り合いに会ってしまって、ちょっとだけ対応して、反対方向に誘導してからそちらに向かうんで、待っててもらえますか、とかなんとかそういう趣旨のメールが来て待たされて・・・

そして結局最初に決めた時間からは1時間経っても会えず。
早く気付けばよかったんですけどもね。

その数日前に別の場所で待ち合わせした別の子は単に時間にルーズな子で、45分ぐらい待たされたんですが、若くてすごくかわいくて、いい出会いにもなったりしたんで、その可能性を私も捨てきれず、待ってしまいました。

結局待ち合わせで会えないケースって、冷やかしというか、単にいたずらなのか、あるいは最初の待ち合わせ場所に向こうも来たものの、こちらの姿を見てイメージと違う、などと思いそうしたのか、業者が一般の人同士が直接会うのを妨害しようとしたのか、なにが原因か、はっきりはわかりません。

そう多いケースではないんですが、ごく稀にあります。
これはいわゆる空振り、というパターンですね。

そして結構精神的にダメージを受けます(笑)
新しい子との待ち合わせって、期待も大きいので、来たけどそんなにかわいくなかったというのはあきらめもつきますし、切り替えられるんですけど、来なかった、という空振りは本当にガックリ来ます。

出会い系をやめるきっかけになる人もいるのではないかと思うぐらいです。

私の場合、正直なところ、10人待ち合わせすると、1回ぐらいあります。
しばらくなくて順調に会えるときもあるんですが、その分久しぶりにあると、またダメージ受けます(笑)

世の中いろんな人がいるんで仕方ないですし、出会い系にはつき物だ、と頭を切り替えて次の出会いに向かうのが正解なんでしょうけどもね!

本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

サブコンテンツ

このページの先頭へ