モテるためのメール

ハッピーメールでメールのやり取りが始まったら。

出会い系では、当たり前ですがメールが重要です。

合コンで隣の席になったら、というシチュエーションには慣れている人でも、まずお互いの顔を知らない状態でメールを続けるのは苦手だったりします。

何気に直接会うタイプの出会いって、外見を褒める口説き方の男性って意外と多いですしね。

逆に言えば、普段それに頼っている人、褒めちぎってノリで押し切る人、には実はあんまりハッピーメールは向いていないかもしれません(笑)

むしろ街でナンパしたほうが早いような。

ハッピーメールでは、メールのやり取りで工夫して、出会いにつなげられるわけで、ノリで押し切るナンパは苦手な人でも、十分出会えます。

どちらの出会いも得意な男性もいるでしょうけども、ナンパが苦手な人にこそ、オススメしたいですね。

ハッピーメールを上手に使うためには、メールの技術は必要です。

ハッピーメールでメールを送るときの基本

基本的なことですが、
・メールの頻度
・長さ
・質問の数
・絵文字の有無
・言葉使い

なんかはある程度相手が違和感のないようにするため、最初は相手に合わせる感じがいいと思います。

メールの頻度

向こうが返信が遅くて、2日後ぐらいに返事が来るなら、2日に1回ぐらいのペースでメール送信。

送ったら割りとすぐ返事が来て、しかも積極的な内容なら、こちらもすぐ返信するとかです。

メールの長さ

次の長さとは、基本長文メールはNGです。
相手がよほど毎回長文で送ってくるような例外を除いては、長文すぎるメールは面倒くさがられます。特に相手が若い女性であれば、なおさらそうです。

質問の数

向こうはあまり質問してこないのに、こちらがひたすら質問攻めにするのもどうかと思います。
ヒドイケースでは、4文ぐらい全部質問、とかで送ってしまうとか(笑)

こんにちは。
お休みの日はどんな過ごし方をしていますか?
お仕事はどんな仕事ですか?
好きなTV番組はなんですか?
好きな男性のタイプは?
いろいろ教えてくださいー

みたいなメールです。
ここまで極端に書けば、変だとわかるでしょうけども、これに近いことをしている男性は実は出会い系には結構います。

それよりは自分のこともうまく伝えながら、相手にする質問は1つが原則、どんなに多くても2つまでにしたほうがいいです。

私はもう1つのメールには質問は1つにしています。

絵文字

絵文字。これもまた相手に合わせたほうがいいポイントです。
相手がほとんど使わない人の場合、こちらが絵文字全体で送ったら、それだけでもう返信が来ないぐらい嫌われるかも知れません。
相手が積極的に使ってくる場合、こちらも多少使う、語尾に1個だけ、とかで合わせましょう。
向こうより少ないぐらいでいいと思います。

言葉使い

相手が丁寧な言葉使いの人なら、こちらも丁寧に、馴れ馴れしいくだけた感じならこちらもフレンドリーに、というのが原則です。

私はまずは丁寧に送り、だんだん仲良くなってきたら少しずつくだけて距離を縮めるというのもありだと思いますが、タイミングとかどこまで馴れ馴れしくするかとかの見極めは、まだ会っていない状況の中では意外と難しいです。

それであれば、相手の口調に合わせる、というのが無難だと思います。

そういう距離感をある程度読める人なら、積極的に仕掛けてよいと思いますけどもね。

このあたりは結構個人差があるかなと。

自信が無い人は、まずは無難なほうで。

如何でしたか?

今回書いたのは、まあ基本中の基本なので、また別の機会にメール書き方については、もっと踏み込んで書きたいと思います。

ハッピーメールでは、メール本当に大事ですから。

本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます

サブコンテンツ

このページの先頭へ